2006年11月19日

マジメなお話。

めずらしく、てかはじめて、本当にマジメな話。


最近忘れられない言葉


伊東柚月さんの詠んだ歌



『いっそ 大きく凹もう いつか 多くを満たす 器になるのだ』



新聞の1面の下の編集手記の1文です。

いじめられっこの凹んだ器には涙が満ちているのかもしれません。
いじめられっこのその器の凹みの原因やたまった涙の原因を誰かに打ち明けられたらどんなに楽なのかとおもいます。
器の凹みも、深くなりすぎればヒビが入ってしまうかもしません。
凹みが深くなりすぎて割れてしまう前に、その器を涙以外のモノで満たしてほしい。
涙以外のモノで器を満たせることを知ってほしい・・・と思います。
昔ヒトミは友達を救えなかった。
あたしは友達の器にヒビが入りそうなのを知っていました。
でも友達の器は割れてしまいました。友達は自分で器を割りました。ヒトミは気づくのが遅すぎた。
一生この後悔は終わりません。
今の子どもたち、お願いだから、自分で器を割ることだけはやめてほしいです。
今は涙でいっぱいの器の凹みでも、いずれ涙はかわき、きっとたくさんのもので満たされます。
だから自分で器を割るのはやめてほしい・・・。
心からそう思います。



この記事へのコメント
器を割らない努力も必要。
でも、器を強く大きなものにする努力もまた必要。
涙で器が満たされているのなら
涙が溢れていくほどの何かで埋めてしまえばいい。
溢れた涙はいずれ乾く。
乾いてもそこには跡が残る。

でも、それでいいんだと思う。

その跡があるから
人にやさしくできる。人の痛みがわかる。


きっとそんな事だろうと思います。


マジレス失礼。
Posted by マキタ at 2006年11月20日 17:13
>マキタさん
マキタさんもマジメー。゚+.(・∀・)゚+.゚人にやさしくできる、人の痛みがわかる人間になりたいなって思いますね☆
Posted by ヒトミ at 2006年11月23日 15:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。